株式会社パイグラフィックス-岐阜・多治見・名古屋・東京 グラフィックデザイン・ホームページ企画・制作・アパレルグラフィック・アパレル企画・デザイン画・パターン作成・3D建築パースデザイン 岐阜県多治見市 株式会社パイグラフィックスはウェブサイト、ホームページの企画・制作、サイトチューニング、SEO対策の他、商品のグラフィック制作、企画、建築C.G.などの3D C.G.制作、アパレル商品企画、グラフィックデザイン制作などグラフィックを中心に企画全般を行う企画制作会社です。

works
tb's BLOGはpi-graphics* tbことTakashi Babaがお届けしております。

朝マジェで打合せに行こうと荷物を詰み、マジェのイグニッションを回そうとしたら、

なな、なんと!!



ボキッ!!

キィー~~ぐわぁ~~~!

折れたぁ~~!

バイク歴かれこれ四半世紀なんだけど、キーが折れたなんて初めて。

そもそもヤフオクで買って自分で整備したバイクなんで最初からキーはこのしょぼいスペアキー1本しかない。

んでもって財布も免許もマジェのグローブボックスの中。

ちょ、焦ってとりあえずネットで近くの鍵屋を探して電話。

30分くらいで来てくれるとの事で、とりあえず鍵を開けるだけなら8,000円との事
真剣に検索すればもっと安いところもあるかもしれないんだけど、探してる時間もないし、とりあえず注文。

注文したあと、VISAロードサービスに入ってたのを思い出し、ロードサービス頼めばタダで開けてもらえるかも!?

と思い直し、ロードサービスにも一応電話。

そしたら「解錠だけなら無料ですが、合鍵作成は全額料金になります」との回答。
タダにこした事はないので、最初に電話した業者はあとからキャンセルするつもりでVISAロードサービスのほうも解錠だけでブッキング。

その後最初に電話した業者にキャンセルの電話を入れると、
「解錠だけなら8000円ですが、合鍵作っても1万なんでそちらに伺って合鍵作りましょうか」との事。
かなりパニクり始めてた俺はどーゆー計算したのかわからないが、「そっか、プラス2000円で解錠&キー作製。つまり計1万ならこっちのほうが安いか」
ってわけのわからない発想になり、VISAをキャンセル。

したんだけど、

すぐにVISAが手配してくれた鍵屋さんから電話があり、1500円でスペアキーを作ってくれるとの事。

え~~~~!!!
1万と1500円とじゃ大違い!!

またまたネットで調べたほうの鍵屋さんに電話を入れキャンセル。

20分後、VISAロードサービスが手配してくれた鍵屋さん「キークラフト東海」さんが来てくれて、ものの20分で鍵が完成!



プラス500円でもう1本スペアキーも作っていただけるという事で計2本作成で税込み2,100円!
最初のとこに頼んでたら1本で1万取られるとこだったわ。

しかも折れたキーは元々ちゃんと作られてなかったらしく、ひっかかりがあって回すのにコツがいったんだけど、新しく作ってもらったキーはバッチリ!スムースイン!

いい仕事します。キークラフト東海さん。

なんでも合鍵の作成においては東海地区で5本の指に入るほどのお店だとか。

キークラフトさんのホームページ、自社で作っているらしいけど、もし作り直すならお力になりますので、ご一報お待ちしております。(笑)

というわけで無事に財布も免許証も救出。

一時はドライバー無理矢理突っ込んでこじ開けようかしらと思ったけど、人間焦っちゃイカンですな。

ピンチの時ほど冷静に! 教訓にします。



コメントする ※コメントは管理人に承認されてから表示されます。

 

コメントに画像を挿入する場合は コチラをクリック

カレンダー

9月 2020
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の投稿

ブログ内検索

RSS ATOM