株式会社パイグラフィックス-岐阜・多治見・名古屋・東京 グラフィックデザイン・ホームページ企画・制作・アパレルグラフィック・アパレル企画・デザイン画・パターン作成・3D建築パースデザイン 岐阜県多治見市 株式会社パイグラフィックスはウェブサイト、ホームページの企画・制作、サイトチューニング、SEO対策の他、商品のグラフィック制作、企画、建築C.G.などの3D C.G.制作、アパレル商品企画、グラフィックデザイン制作などグラフィックを中心に企画全般を行う企画制作会社です。

works
tb's BLOGはpi-graphics* tbことTakashi Babaがお届けしております。


昨夜の事

寝ようと思っていたら誰かが部屋をノックして入ってきた。
(ユースの部屋は鍵のついていない共同部屋なので誰でも入ってこれる)

入ってきたのはジェームスという白人。

「ジャパニーズガイはいるか?」

という

俺達の部屋の中で日本人は俺だけ。

「I’m Jananese.」と言ってベッドから起き上がり、ドアのところまで行くと、ジェームスが

「明日の朝ここを出るのか?」と聞く

「そうだ」と答えると、

早口で俺になんか言った。

聞き取れないので何度か聞きなおすが、わからない。

「Do you understand?」(わかったか?)

と言われ、

「わからない」

と答えると、残念そうな顔をして、

「わかった、ごめん、なんでもない」

と言って、部屋を出て行った。

気になって、しばらく考えていたら、同室のフランス人が俺に声を掛けてくれた。

「わかったのか?」

「いや、わからない」

と答えると、ものすごくゆっくりした英語で身振り手振りを交えてジェームスが言ってた事を俺に説明してくれた。

ジェームスが言ってた内容はこうだ

「俺も明日の朝早くここを出るので、もしよければワリカンでタクシーをチャーターしてバスディーボまで一緒にいかないか?」

という事らしい。

こんな簡単な英語が理解出来ない自分が情けない。

フランス人にお礼を言って、ジェームズの部屋を探し、明日の朝6時15分にフロントで待ち合わせる約束をした。

しかし、なんで俺が明日の朝ここを発つ事がわかったんだろう?






朝6時、ジェームスとタクシーでバスディーボまで行く。

ジェームスはエルパソ行のバスに乗り、俺はデンバー行きのバスにそれぞれ乗り込む。

デンバーに向かうまでの道のりはこれまた最高の景色。

山道を紅葉の中、ひたすら走る。

山のスケール感が日本と全然違う。

全てが大きい。やっぱり山はいいなぁ。

デンバーには夕方5時45分に到着。

デンバーは都会なんだけど、とても静かでキレイな街。

まずはYMCAまで歩く。YMCAにしようかユースにしようか迷ったが、ユースのほうが街から遠いので、ユースより少し割高だが、久しぶりに一人になりたかったので、YMCAの個室部屋にチェックイン。
バストイレ付のシングルで18ドル(約2,200円)
東京出張で泊まる大森のホテルより全然広くて快適だ(笑)

デンバーは1泊予定で、明日の夜10時発のバスでソルトレイクシティへ向かう予定だ。

なんかそろそろ日本のTVが観たくなってきた。
そういえば、並木と別れてからは日本人に会ってないなぁ。

アメリカ大陸横断ルートマップ
g.co/maps/a2pyh

Facebookの個人ページはこちら
facebook.com/Taka.Baba

Comments are closed.

カレンダー

9月 2020
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の投稿

ブログ内検索

RSS ATOM