株式会社パイグラフィックス-岐阜・多治見・名古屋・東京 グラフィックデザイン・ホームページ企画・制作・アパレルグラフィック・アパレル企画・デザイン画・パターン作成・3D建築パースデザイン 岐阜県多治見市 株式会社パイグラフィックスはウェブサイト、ホームページの企画・制作、サイトチューニング、SEO対策の他、商品のグラフィック制作、企画、建築C.G.などの3D C.G.制作、アパレル商品企画、グラフィックデザイン制作などグラフィックを中心に企画全般を行う企画制作会社です。

works
tb's BLOGはpi-graphics* tbことTakashi Babaがお届けしております。

朝5時にニューオリンズのバスディーポに到着。まだ薄暗い。
バスディーポから歩いて2〜3分のところにYMCAがあったので、値段を聞くと32ドル。「げっ、高い」

寝るだけに32ドルは払えないので30分以上かけてフレンチクォーター(繁華街)のほうまで歩いていく。
しかし、フレンチクォーターのホテルはみんな高そうで聞くまでもないって感じ。

あきらめて市電に乗ってちょっと離れたユースホステルまで行く。
ユースは安いけど、交通の便が悪い。でもまぁ贅沢は言えないので、チェックイン。

ユースに着いてたまった洗濯物を一気に洗う。
コイン式の洗濯機の前で本を読んでたら、日本人が入ってきたので話をしてると又別の日本人が入ってきた。
めずらしくユースで日本人3人。
最初に会ったのが塩崎、次に入ってきたのが水上。

夜、塩崎、水上、俺の3人でバーボンストリートのほうへ遊びに出かける。

バーボンストリートは古きよき時代のアメリカ的なおもむき。
古い町並みが並んでいて日本でいうなら、京都とか高山とかそんなイメージだろうか。

でも夜の活気はすごい。
NYとかとは違う感じの活気。カウボーイがいた頃、TVで見たアメリカ開拓時代の酒場みたいな感じ。

街にはジャズの音が鳴り響き、ただ歩いているだけでも楽しくなる感じ。
とても陽気だ。

3人でプリザベーションオブジャズというお店に入る。
ジャズの本場、ニューオリンズで聞く生演奏に感激!

その後店を出て3人で夜の街を散策。

ノリでストリップに入る。
エロい感じというよりも、完全にエンターテイメントになってる。
ストリッパーがステージから降りてくるとみんなわれ先にとみんなチップ(1〜10ドル紙幣)をストリッパーの胸やパンツに挿し込む。
かなり可笑しい。日本みたいな淫靡(いんび)な感じがまったくない。

ストリップを出てさらに街を歩く。
カラオケもあったけど、日本みたいにボックスではなく、司会者もいて、なんかのど自慢的な感じになってる。
うまかろうがヘタだろうが関係ない感じがアメリカ的。

アメリカってホント明るいなぁ。毎日こんな感じなんだろうか。ホント、カーニバル!
なんて思ってたら、今日は木曜でイマイチで明日はフライデーナイトなんでもっと盛り上がるらしい
これ以上盛り上がったらどうなってしまうんだろう(笑)

明日も3人で来ようって話になって今日はこの辺でユースに戻る。
一緒に行った二人ともウマが合うし、ニューオリンズ、最高に楽しい街だ。


写真左から 俺 塩崎 水上

アメリカ大陸横断ルートマップ
g.co/maps/a2pyh

Facebookの個人ページはこちら
facebook.com/Taka.Baba

Comments are closed.

カレンダー

9月 2020
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の投稿

ブログ内検索

RSS ATOM