株式会社パイグラフィックス-岐阜・多治見・名古屋・東京 グラフィックデザイン・ホームページ企画・制作・アパレルグラフィック・アパレル企画・デザイン画・パターン作成・3D建築パースデザイン 岐阜県多治見市 株式会社パイグラフィックスはウェブサイト、ホームページの企画・制作、サイトチューニング、SEO対策の他、商品のグラフィック制作、企画、建築C.G.などの3D C.G.制作、アパレル商品企画、グラフィックデザイン制作などグラフィックを中心に企画全般を行う企画制作会社です。

works
tb's BLOGはpi-graphics* tbことTakashi Babaがお届けしております。


今日は並木とまたファレスへ行く。
ファレスは相変わらずの活気。
並木がベルトを買うというので付き合う。
オールハンドメイド、手刺し刺繍のベルト、日本で買ったら2〜3万はするだろうか。
それが90ドル。

並木は迷わずご購入〜。

そのあと、昨日バッグを買った店へ行く。
昨日の「チャトマテ、ニホンジン!」のへんてこおやじはいなくて若い兄ちゃんがいた。
ベルトとバッグ2本で25ドルにならないか交渉。

35ドルならいい、というので結局33ドル(セコっ)に値切って交渉成立。

その後並木は14時半のアムトラック(列車)でLAに向かった。
彼は10月30日に帰国するらしい。

並木は思い出深い人になった。

並木と別れた後一人でファレスのマーケットをぶらぶらして、エルパソへ戻る。

バスディーボ向かいのシビックセンター(市役所みたいなとこ)のベンチでちょっと昼寝してたらガードマンにここは昼寝する場所じゃない、と叱られた(笑)

そういえば昨日並木とファレスから帰る途中、国境で国境警備員に止められてパスポートを見せろ、って言われたなぁ。
あれは絶対並木が怪しかったせいだと思う(笑)

渋々シビックセンターを出る。

エルパソはファレスの国境の街というだけで見る所はなにもないので、ユースをチェックアウトすると行くところがなくなる。

しかたないので、夕方18時45分、バスディーボに向かう。

アルバカーキ行きのバスの出発予定時刻は0時15分・・・。

旅を初めて25日。
相変わらずアメリカ人の話す早口英語にはついていけないが、来た時より少し自分の中で変化が起こってる感じは確かにあるかな。肩の力が抜けてきた感じ、かな。

最初は緊張と不安の連続だった。
正直、ニューヨークとかでは楽しめてなかった感じがする。

今でももちろん不安な時とかあるけど、不安さえも楽しめる余裕が出てきたような、そんな感じがする。

旅はあと1ヶ月。

どんな事が起きるのか、どんな出会いがあるのか、楽しみだ。

今まで日本人の旅人としか交流がないので、他の国の人とももっと交流して友だちになりたい。

なんか、やっと旅が楽しくなってきたな。

しかし、出発まであと約5時間後・・・どうやって過ごそうか。。
並木にもらった「銀河鉄道の夜」でも読むことにしよう。


アメリカ大陸横断ルートマップ
g.co/maps/a2pyh

Facebookの個人ページはこちら
facebook.com/Taka.Baba

コメントする ※コメントは管理人に承認されてから表示されます。

 

コメントに画像を挿入する場合は コチラをクリック

カレンダー

9月 2020
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の投稿

ブログ内検索

RSS ATOM