株式会社パイグラフィックス-岐阜・多治見・名古屋・東京 グラフィックデザイン・ホームページ企画・制作・アパレルグラフィック・アパレル企画・デザイン画・パターン作成・3D建築パースデザイン 岐阜県多治見市 株式会社パイグラフィックスはウェブサイト、ホームページの企画・制作、サイトチューニング、SEO対策の他、商品のグラフィック制作、企画、建築C.G.などの3D C.G.制作、アパレル商品企画、グラフィックデザイン制作などグラフィックを中心に企画全般を行う企画制作会社です。

works
tb's BLOGはpi-graphics* tbことTakashi Babaがお届けしております。


フラッグスタッフを朝8時に出てツーソンへ向かう。

ツーソンまでは約4時間の道のり。
4時間というと日本では中央道で多治見から八王子くらいの距離なんだけど、こちらで車で4時間というと「隣町」ってイメージ。

スケール感が違う。(笑)

ツーソンには予定通り昼に着く。
ユースにチェックインする。

ここのユースは「ホテル・コングレス」と看板が出てて、見た目普通のホテル。

というのもホテルの部屋の数室がユースとして設定してあり、普通にホテルに宿泊している客もいる。
ホテルだと35ドル、ユースだと12ドル。

ユースとホテルの違いはユースは2段ベッドが2つ入っている4人部屋。
ホテルはもちろん個室。


けれど、俺の部屋はどうやら俺一人しかいない。
なんだか得した気分。
ただ基本は普通のホテルなのでキッチンもランドリーもない。
そして1階にはラウンジバーとクラブ(踊る方のクラブ)もある。

さて、腹も減ったので、町をぶらぶらする。
近くのピザ屋でピザを食べる。

なにか見所はないかと、地球の歩き方で調べると、近くにサン・ザビエル教会という教会があり、その周りにインディアンジュエリーの露店がたくさんあると書いてあったので、行ってみる。


サン・ザビエル教会までは車で20分くらい。
ジュエリーは女物ばかりであまり男モノってない。

祖母のお土産にひとつ買う。

ユースに戻って15時。
どうも、こういう小さい町は見所も少ないし、大きなショッピングモールとかもないので、時間を持て余してしまう。

時間を持て余したときの図書館。
というわけで図書館で読書。
さんざん読書した〜〜っと思ってもまだ17時。

ユースに戻る。

キッチンがないので、外食しなきゃいけないので余計な出費がかさむなぁ。

2ヶ月近く旅をして感じたことは、普段日本で生活してると、旅という非日常に憧れる。
けれど、非日常だと思ってた事が日常になってくると、今度は日本で生活してたように朝同じ時間に起きて、会社へ行き、帰ってメシ食って、ジム行って、寝て、また朝起きて、、という生活がしたくなる。
そしてそういう生活をしていると又旅に出たくなる。

きっとこれから先もその繰り返しだな(笑)

夕食から戻ったらホテルの周りに夜店のような露店がたくさん出てたので、見て歩く。

フラッグスタッフ、ツーソンと休息の町って感じだったな。
なにもなかったけど、かなりゆっくりはできた。

明日はオールドツーソンスタジオという日本で行ったら太秦映画村みたいなとこかな(笑)
と、コロッサル洞窟という鍾乳洞へ行ってみよう。

—————————————————————————-

アメリカ大陸横断ルートマップ
g.co/maps/cm9pp

Facebookの個人ページはこちら
facebook.com/Taka.Baba

tb's BLOGはpi-graphics* tbことTakashi Babaがお届けしております。


グランドキャニオン。

子供の頃「社会」の教科書に載ってたその写真を見て圧倒された。

なんじゃこりゃー!?
こんな場所があるんだー!

そしていつか行きたい、この目で見たいって思った。

フラッグスタッフから車で1時間あこがれの地に到着。


 


こんなに早く夢が実現するとは。
実際に見るのグランドキャニオンは圧倒的な大きさ。
とにかくデカい。

2〜3時間ずーっと見てた。

その後車でコロラド渓谷まで降りる。が、やはりここも今年は水不足のせいか川に水がほとんどない。

グランドキャニオンから沈む夕日を見ようと思ったが、陽が沈むまで3〜4時間もある。
グランドキャニオンの周りは本当になにもないので、さすがに3〜4時間待ちはきつくてフラッグスタッフに戻る。

今日はもうグランドキャニオンが見れたというだけで大満足だ。

ユースに戻り夕飯を作る

帰りがけに寄ったスーパーでインスタントライスなるものを見つけて購入したので、今日はチャーハンを作ってみた。

お湯を入れて5分でご飯ができるというカップ麺のようなご飯。
さすがアメリカ。なんでもインスタント(笑)

炊いたインスタントライスに卵と冷凍ミックスベジタブルを入れて醤油、塩コショウで味付け。
なかなかイケる!

インスタントライス使える!
しばらくインスタントライスでいろんな料理作れそうだ。(笑)

明日はツーソンに行ってみよう。


—————————————————————————-

アメリカ大陸横断ルートマップ
g.co/maps/a2pyh

Facebookの個人ページはこちら
facebook.com/Taka.Baba

  • CATEGORY:tb's BLOG
  • UPDATE TIME:08:00
  • 1992年10月16日(金)晴れ「Grand Canyon」 はコメントを受け付けていません
  • by 投稿者 Takashi Baba
1992年10月16日(金)晴れ「Grand Canyon」 はコメントを受け付けていません
tb's BLOGはpi-graphics* tbことTakashi Babaがお届けしております。


ラスベガスのユースを朝9時に出る。
ルート93を東に走る。

ルート93はこのまま永遠に続くのではないかというくらいまっすぐな道。

何百マイルもずーーっと果てしなくまっすぐ。
日本ではありえない道。

対象物がないので、時速85マイル(約140km/h)で飛ばしても全然スピード感がない。
前に見えるにのは地平線だけ。

午前中はひたすら走り続け、昼頃やっとI-40(インターステイト40号、「州間高速道路」いわゆるフリーウェイ)のジャンクションに到着。
I-40に乗り換えてまたひたすら走る。

午後2時頃、今日の目的地フラッグスタッフに到着。

フラッグスタッフはグランドキャニオンに一番近い小さな町。
フラッグスタッフのユースに2泊の予定でチェックイン。

スーパーまでは距離があるので車で行く。
スーパーで買出し、自炊、もう慣れたもんだ。

今日の夕食はピラフ、オムレツ、サラダ。
さすがにこの小さな町では日本人旅行者はみかけない。

旅行してるのはヨーロッパの学生かアメリカ人の老夫婦
アメリカの老夫婦は仲良く一緒に旅行するんだよな。
俺も年取ったらそんなふうに旅したいな。

そういえばここ1週間日本語を話していないな。。

さて、明日は朝イチでグランドキャニオンへ行こう!
しかし、この町はなんもない。
ただいま19時45分。
日記も書いちゃったし、さて、寝るまでの間、なにしたらいいんだ?

それが問題だ。


—————————————————————————-

アメリカ大陸横断ルートマップ
g.co/maps/a2pyh

Facebookの個人ページはこちら
facebook.com/Taka.Baba

tb's BLOGはpi-graphics* tbことTakashi Babaがお届けしております。


サンタバーバラを朝の9時に出発。
ロサンゼルスは最終地なので、スルーしてラスベガスに向かう。

車での移動はバスに比べてすこぶる快適。
アメリカの道は楽しいのは最初の1時間だけ。
変化がなくてすぐに飽きてくる。

ロサンゼルスからラスベガスまでの道のりはI-15、荒野をひた走り。
走っても走っても荒野。

途中ガス補給とメシを食ってまたひたすら荒野を走る。
ガスはすっからかんの状態から満タンにしても10ドルくらい。
日本の1/4くらいの価格。

走って走って、16時頃ラスベガスのユースに到着。
明日グランドキャニオンへ行きたいので、ラスベガスは1泊の予定でチェックイン

どこのユースもきれいではないが、ここラスベガスのユースも例外ではない。
でも我慢できないほどではなく、ホテルに泊まるより、情報交換できるし、旅人が集まっているし、なにより安いのがいい。

夕食を自分で作り、ダウンタウンまで車で行く。
ユースからダウンタウンへはバスか車でしか行けない。
バスだとめんどくさいからこんな時間から行くの諦めちゃうんだけど、こういう時に車借りてよかった〜、って思う。

カジノに入ってみる。
スロットマシーンをやってみるが、なにが面白いかわからない。
パチンコのほうがよっぽど楽しい。

カジノにいるといくらお金があっても足りないので、1時間くらいで出る。
といっても7ドルくらいしか使わなかったんだけど。(笑)

明日はフラッグスタッフへ行く予定。
そして、グランドキャニオン。

いつか大人になったら行きたい、と、子供の頃から憧れていた景色に出会える。

楽しみだ。

—————————————————————————-

アメリカ大陸横断ルートマップ
g.co/maps/a2pyh

Facebookの個人ページはこちら
facebook.com/Taka.Baba

tb's BLOGはpi-graphics* tbことTakashi Babaがお届けしております。


車中泊。。。
体が痛い

今日はヨセミテ滝を見てグレイシャーポイント(ヨセミテバレー直上にある展望地)へ行く予定。
というわけで、まずはヨセミテ滝へ

うーーん、、水がっ、、、流れていない。。。
ここんところカリフォルニアは雨が降ってないかららしい。

仕方ないので、車でグレイシャーポイントへ向かう。
ヨセミテキャンプ場から1時間くらい車で走ってグレイシャーポイント到着。

駐車場から少し歩くと、そこはもう絶景!!!

すごい!グレート!エクセレント!
まるで絵画のような風景が目の前に広がってる。
言葉では言い尽くせない絶景!自然ってすごい。


ジェイがヨセミテ行くならグレイシャーは絶対行け、って言った意味がわかった。

もうホント感動的な景色。

グレイシャーでしばらくゆっくりした後、マリポサグローブへ
マリポサフローブは樹齢200年くらいの木々が生い茂る公園。

ここもすばらしい。

その後、サンタバーバラを目指す。

サンタバーバラへ行くは41号線を使って一度海沿いの道101号(通称ワンオーワン)に出なければいけないので、南西に伸びる41号線をひたすら走る。
41号は山の中の道。
九州のやまなみハイウェイを何中倍、いや何百倍もデカくしたくらいのスケール感だ。

走っても走っても全然景色が変わらない。


4時間くらいアクセルべた踏みで走って、もう飽きたよ〜〜、って頃にやっとサンタバーバラへ向かう101号の看板が見えてきた。

101に乗り換えて今度はひたすら南下。

101のはるか南に厚い雲が見える。
雲は一気にこちらに近づき、あんなに晴れてたのにいきなり霧の中。

霧の中をひたすら走り、19時にサンタバーバラ到着。

国道沿いのモーテルで安そうなところに入り、値段を聞くと、結構な金額だったので、もっと安い宿はないか?と聞くと、向かいのモーテルを教えてくれたので行ってみる。

安い方のモーテルは中国人の経営するモーテル。
1泊29ドル。
まぁ、ユースに比べたら全然高いけど、仕方ない。
チェックインする。

部屋に入ると、クイーンサイズのベッドがドーーン!と。
縦2メートル、横幅も2メートル近くある。ほとんど正方形のベッド。

1人で泊まるのはもったいなくらい広い。

これで29ドルなら確かに安いわ。

今日は結局7〜8時間車を運転してたので、疲れた。

明日はロサンゼルスをスルーしてラスベガスへ行こうと思う。

しかし、アメリカの道は分かりやすい。

—————————————————————————-

アメリカ大陸横断ルートマップ
g.co/maps/a2pyh

Facebookの個人ページはこちら
facebook.com/Taka.Baba

tb's BLOGはpi-graphics* tbことTakashi Babaがお届けしております。


同室のジムと別れ、ユースをチェックアウトして、バスでサンフランシスコ空港に向かう。

空港の中のエイビスレンタカーのレンタルカウンターに向かう。

受付で2週間レンタルの手続きをする。
レンタルフィーは322ドル20、保険が300ドル、622ドルとTAXで648ドル78セント。
日本円で約8万。
高いなー

値段を聞いて躊躇したけど、もうバスの移動は嫌だし、自分の運転でアメリカを走りたい!
車種はGMのメトロという小型車。
スズキのカルタスだっけ、似てる。

海外で車を運転するのはこれで2回目だけど、左ハンドル右側通行なので最初はちょっと緊張してたけど、すぐに慣れた。
とりあえずヨセミテ国立公園を目指すことにする。

夕方ヨセミテ到着。

なんというか大自然のデカさに圧倒される。
とりあえずビジターセンターへ行き、いろいろ聞いて車に戻るとなんとパンクしてる。

ちかくのガソリンスタンドへ行き、見てもらうとタイヤのサイドウォールに穴が開いてた。
もぉ〜〜、エイビスだめじゃーん

でスペアタイヤに交換してもらい4ドル取られる。

気づいたんだけど、「パンク」って通じないんだね。
タイヤのパンクはflat tire(フラットタイヤ)っていうんだね。勉強になりました。

ついでにガソリン満タンにして、キャンプ場予約に行く。

もちろんテントも寝袋もなにも持ってないのでキャンプ場で車中泊。

回りを見渡すとみんなテント張ってる。

うぅぅ〜〜、キャンパーの血が騒ぐ!
ここで、キャンプしたら最高だろうなー!


し、しかし、寒い。。。

—————————————————————————-

アメリカ大陸横断ルートマップ
g.co/maps/a2pyh

Facebookの個人ページはこちら
facebook.com/Taka.Baba

tb's BLOGはpi-graphics* tbことTakashi Babaがお届けしております。


11時ごろ起きて、コインランドリーへ。
たまった洗濯物を一気に洗濯機にぶち込む。

洗濯機の前に座って本読んでると、なんか
「俺、ここに住んでる?」みたいな変な感覚になる。

洗濯を終えてゴールデンゲートパーク(ゴールデンゲートブリッジ周辺の公園)、ハイト&アシュベリーと散歩。

ゴールデンゲートパークはとにかく広い。
迷子になってしまうほど。

ハイト&アシュベリーは60年代、アメリカ西海岸のヒッピームーブメントのメッカとなった場所。
デザイナーやミュージシャンが多く住んでいて、街中にアートがあふれていて歩いててあきない。

その後ユースに戻り、ジェイに電話したら、家にいて、遊びに来れば?というので、またジェイの家で夕飯をゴチになる。

メシのあと、MTVを観たりビデオを観たりしてすごす。

ジェイとは本当に気があった。
言葉がちゃんと通じなくても「気があう」という事があるんだな、って初めて知った。

ジェイとの別れ際、またいつか必ず会おう、と約束した。

ジェイとの出会いは偶然で突然だった。
でも本当に嬉しい偶然だった。

またいつの日か、必ず会いたい。

日本に帰ったらジェイになにかお礼を送ろう。

さて明日はいよいよサンフランシスコ出発だ。
楽しかったなー、サンフランシスコ。



—————————————————————————-

アメリカ大陸横断ルートマップ
g.co/maps/a2pyh

Facebookの個人ページはこちら
facebook.com/Taka.Baba

tb's BLOGはpi-graphics* tbことTakashi Babaがお届けしております。


今日は午前中ダウンタウンをブラブラして午後はバークレイのほうヘ行く。
バークレイはUCB(ユニバーサルシティオブカリフォルニア)バークレイ校がある学園都市。
名古屋で言ったら、名大のある、名東区、本山、覚王山、八事あたりな感じかな(笑)

街そのものが学園祭みたいな所。
露店もたくさん出てて観てるだけでも面白い。

夕方までバークレイにいて、6時にジェイと夕食を食べる約束をしていたので、ユニオンスクエアへ行く。

ジェイと再会。

夕食はジェイが作ってくれるというのでジェイのアパートへ。
なんとジェイ、炊飯器まで持ってる。
しかも米はササニシキ(笑)
カリフォルニア米はおいしくないといってわざわざ高いササニシキを買ってるらしい。
すごいこだわり。

というか日本好き。

炊き方も上手くて水の量も指で計る。

ご飯が炊けて味見。

「日本でもこのくらいの柔らかさか?」

と聞かれ、

「日本で食べるご飯とまったくかわらない!」

というと喜んでた。
日本へは行ったことないらしいんだけど、すごいな。

ジェイの見た目が南米系という事で同じ有色人種だからか、白人より親しみ易く感じる。

英語もゆっくり話してくれているので、わかり易い。
なんか普通に日本で友達と話しているみたいな感覚になる。

話しててわからない単語が出てくると、

あ、俺今英語で会話してるんだった、ってやっと気付くくらいナチュラルに会話できてる。

ジェイは頭がいい。
だから冗談もうまい。

彼は日本も日本人も大好きで、20人の日本人の友人がいるらしい。
だから日本へ行ったことなくても日本通なのだろう。

「その中でもタカシの英語は4番目にうまい」

って褒められた。

お世辞だろうけど。(笑)

食事の後は、ちょっと日記には書けないくらいのエロ話で盛り上がる。(笑)

気づいたらもう夜10時を回っていた。

結局また明日も会おうって事になり、ジェイのアパートを後にする。

ユースに戻ったらジムが鼻歌交じりでめかし込んでいた。
(といっても全然センスは良くないんだけど・・・)

たぶん今からこの前ナンパした子とデートなんだろう。

「どこへ行くの?」

と、一応聞いてみる。

「デートォ〜〜♪」

聞くだけヤボだったな。

俺:”I hope your success!(成功を祈る)”

ジム:”Oh! yeah!  Thanks you too!(イエー!おまえもなー!)”

俺は寝るだけだっちゅうの!

ジェイもジムも同い年だからか、タイプは全然違うけど、すごくシンパシーを感じる。
みんな同年代のオトコノコだね。

車やオートバイがすきで、音楽が好きで、ファッションが好きで、女が好き。

みんなそうなんだよな。
旅してると、アメリカとかオーストラリアとか日本とか、なんか関係なくなってくるね。
自分は日本人である前に「地球人」なんだなー、って感じるっていうか。

みんなが旅してみんなが分かり合い、認め合えば戦争とかなくなるんじゃないかって思う。

甘いかな。

—————————————————————————-

アメリカ大陸横断ルートマップ
g.co/maps/a2pyh

Facebookの個人ページはこちら
facebook.com/Taka.Baba

  • CATEGORY:tb's BLOG
  • UPDATE TIME:10:08
  • 1992年10月10日(土)晴れ「I hope your success!」 はコメントを受け付けていません
  • by 投稿者 Takashi Baba
1992年10月10日(土)晴れ「I hope your success!」 はコメントを受け付けていません
tb's BLOGはpi-graphics* tbことTakashi Babaがお届けしております。


サンフランシスコは暑い!

ソルトレイクではもう秋だなぁ、って思ったのに、ここは真夏!
夏大好きの俺としては、又夏が戻ってきたみたいで嬉しい!

今日は朝からゴールデンゲートブリッジへ行く。
天気が良くて橋もよく見える。

昼はフィッシャーマンズワーフでクラブサンドを食べる。
美味い!!

昼食の後、ダウンタウンに戻り、街をぶらぶらする。

歩き疲れたのでユースに戻り休んでると、ジムが帰ってきた。

なんかめちゃめちゃ嬉しそう。

なんかあったの?って聞くと

「へへへー、ナンパ成功〜♪」

って親指を立てる。

黒人と中国人のハーフでナイスバディだ!ってニヤニヤ。

「てことは、もうやっちゃったの?」

って聞くと、

「いや、昨日はメシ食っただけ、土曜はドライブで、日曜は一緒にプール行く約束した〜」

ってはしゃいでた。

ナンパしてすぐやっちゃいそうな見た目だけど、ちゃんと手順踏むんだな、ジムって。(笑)

夜はジムとクラブに行くことになった。

夜のサンフランシスコはゲイのカップル多い!
俺とジムもひょっとしてカップルに見えるのかな?   オエェ…

最初に入ったクラブはドレスコードがあって、ジーンズはNG。しかも40ドルもする。
あきらめて2件目を探す。

ユースでもらったマップで探すと「HOLY COW」というノーチャージのクラブがあるが、結構距離がある。

ジムは危ないからタクシーで行こう、というが、俺はそんなのお金がもったいないと言って強引に歩きだすとジムもついてきた。
繁華街から少し外れたところにあるので、確かに危険な香りはする。

20〜30分程度歩いてクラブに到着。

めっちゃ狭い空間にすごい人。
かなりノリノリだったけど、知らない曲ばっかで、なんかイマイチだったな。

というわけで、0時半ごろ、店を出る。

ユースまでの帰りの夜道は来るときに増して真っ暗でかなり怪しい感じ。
大男のくせにジムはビビりまくり。

後ろから人が来ると

「タカシ、SLOWLY、SLOWLY(ゆっくり、ゆっくり)ゆっくり歩いて後ろの人先に行かせろ」
とか
「アメリカ人はみんな拳銃持ってるから、気をつけろ」
とか

とにかくビビリまくり。
拳銃、、みんなは持ってねーだろ(笑)

気をつけるに越したことはないけど、ジムのビビリっぷりもかなり怪しい(笑)

そんなわけで、深夜1時過ぎ無事ユースに到着〜。

—————————————————————————-

※HOLY COWまだあるのかなー?って検索したら、ナントまだあったー!!
しかもウェブサイト、かっこええやん!w
www.theholycow.com/

でも当時と比べるとずいぶんキレイになってるなー

 

 

アメリカ大陸横断ルートマップ
g.co/maps/a2pyh

Facebookの個人ページはこちら
facebook.com/Taka.Baba

tb's BLOGはpi-graphics* tbことTakashi Babaがお届けしております。


朝起きて同室のジムとJack in the box(ハンバーガー屋)で朝食。
ここのハンバーガーは結構美味しい。

その後俺はフィッシャーマンズワーフへ行こうとしたが、ジムが銀行へ行くので付き合ってくれ、という。
一人で行けねーのかよぉ、と思いながら仕方ないのでジムに付き合って銀行へ。

ジムが手続きしている間にロビーに置いてあってシティマップを見てると、近くに日本人街がある。
ジムに
「俺は日本人街へ行くわ」
というと、ジムは一緒に路面電車に乗ろうという。

なかなか意見が合わないが、正直俺は一人で行動したいタイプなので、

「じゃ俺は今からジャパンタウンへ行く、君は路面電車に乗れ、夜ユースで会おう!」

と言ってジムと別れる。

ジムは渋々

「Alright」と言って路面電車のチケット売り場の方へ歩いて行った。

オーストラリア人って寂しがり屋なのか??

さて、俺はジャパンタウンを歩いて、適当に昼食を取り、チャイナタウン、フィッシャーマンズワーフと徒歩で回る。
フィッシャーマンズワーフはシーフードがうまそうだったけど、お腹がいっぱいで食べれず、明日にする事にする。

サンフランシスコはバスや路面電車が市内くまなく走っている。
急ぎ足で回りたければ公共交通機関をうまく使えば効率よく回れる。

だけど、バスに払う1ドル(124円)さえもったいなく俺はひたすら歩いてサンフランシスコを見て回った。
長旅をしているとどれだけ歩いても足が疲れなくなるみたいで、今日ももう10km以上歩いている。

夕方6時頃チャイナタウンでチャーハンを食べる。
これが結構安くて量もあって油っぽくなくてうまかった!

まだユースに戻るには早かったので、道端に座り込んで地図を広げてどこに行こうか見てたら、知らない男に声をかけられた。

「〇〇(聞き取れなかった)に行きたいんだけど、この道で合ってる?」

男は俺に道を尋ねた。

「いや、俺も旅行者だからわからない」

というと、男に

「どこから来たの?」

と俺に尋ねられた。

俺は

「日本から」

というと

「オー!、ジャパン!、名古屋に友達いるよー!」

というなんか嬉しくなって

「おー、俺は岐阜、ニア名古屋だよー!」

と返す。

男の名前はジェイ、彼も俺と同じ27歳。南米系アメリカ人。
最近転勤でサンフランシスコに来たばかりらしい。

男:「ていうか、英語上手いねー、どこで習ったの?」

俺:「いや、普通に日本で」

男:「音楽とか聞く?」

俺:「うーん、プリンスとか、マドンナとか好きかな」

男:「ニルバーナとかは?」

俺:「聞いたことない」

男「じゃさ、俺んちこの近くだから、寄って行きなよ、ニルバーナのCDあるし」

てなノリで、この男のアパートへ行く事になってしまった。

丁度、日本の女子大生が海外で声をかけられた男について行き、レイプされたという事件をニュースで見たばっかだったので、うーーん、とは思ったが、俺もコイツも男だし、俺より体は小さい、しかも俺は護身用のナイフも持っていたので、最悪拳銃さえ出てこなければなんとかなるだろう、と思ったのと、なによりもこの時は怖さよりも、好奇心が完全に勝っていた。

俺はこの男について行くことにした。

彼のアパートに着き

「なにか飲む?」

と聞かれ

「コーヒー」

と答える

何故かジェイは大ウケ。

なんでそんなにウケるのか聞くと

「だって、日本人はみんな、なんでもいい、とか、なにがあるの?とか言うじゃん、だけど、タカシはコーヒーがいい、って(笑) 即決かよー!コーヒーないかもしれないじゃーん!ははは!」

と大笑い

なんでこんなにウケてるのか、意味がわからないが、とりあえず悪い気はしない。

「あのさー、タカシはシンプルなんだよ、ストレート、ベリーシンプル!、なんかそこがいい、日本人ぽくない」
「で、何年こっちにいるの」

俺「まだ1ヶ月ちょい、、」

ジェイ「それはこの旅でしょ、何年こっち(アメリカ)に住んでる?って話だよ」

俺「いや、住んでないって、日本から来て1ヶ月旅してる」

ジェイ「ワーオ!まじか!俺はタカシはアメリカに住んでて旅でサンフランシスコに来たと思ってたよ」

ジェイと、日本の話、ジェイの友人の話、音楽の話、好きな映画の話、ちょっとHな話、そんな話で2時間ほど盛り上がる。

ジェイの手相が偶然にも俺と同じ百握りなのを見つけ、俺がそれは日本では百握り(One hundred Grips)って言うんだ。って話すと、

「じゃあ100million HENTAIだー!」って笑う

ジェイはとにかく、明るく楽しい男で、100%言葉が通じ合ってるわけじゃないけど、なんか心が通じ合う感じ。

今日はもう遅いし、ジェイは明日仕事があるので、また土曜日会う約束をして、この日はジェイと別れる。

ジェイに途中まで送ってもらい、別れぎわジェイに

「タカシ、あんまり知らないヤツについてっちゃダメだよ!」って言われる。

お前も知らないヤツだっちゅうの!(笑)

明後日、土曜楽しみだ。

アメリカ大陸横断ルートマップ
g.co/maps/a2pyh

Facebookの個人ページはこちら
facebook.com/Taka.Baba

カレンダー

9月 2021
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の投稿

ブログ内検索

RSS ATOM